スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

● ビタミンって何ですか?

サプリメント屋さんに行くと様々な商品がおいてありますが、
ビタミンCなどのビタミンサプリが、売れ筋商品のようです。

髪の生成には、ピオチン、ビタミンB6 ビタミンEが大切だ
と言う事を聞いた事があります。


ではなぜビタミンが必要なのでしょうか?


人間の身体を車に置き換えてみます。


人間の身体において

・たんぱく質が車体そのもの
・炭水化物や脂肪がガソリン
・エンジンオイルの働きをするのがビタミン

とすると分かりやすいですよね!


ビタミンはエネルギー源や体をつくる成分ではありませんが、
人が健康を維持する働きをしています。



農林水産省のビタミンを記述を見ますと…


>>ビタミンは、体の調子を整えるのに欠かすことのできない栄養素です。
 13種類あり、体の中の働きは種類によって異なります。


>>必要な量は少ないのですが、人の体の中で作ることができなかったり、
  作られても量が十分ではなかったりするので、
  食べ物からとる必要があります。


>>水に溶ける水溶性ビタミンと、水に溶けずあぶらに溶ける
 脂溶性ビタミンに大きく分けられます。


■水溶性ビタミン
尿などに排出されやすく、体の中にためておくことができません。
必要な量を毎日とることが大切です。ビタミンB1、ビタミンB2、
ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ナイアシン、パントテン酸、
葉酸、ビオチンの9種類あります。


■脂溶性ビタミン
あぶらと一緒にとると吸収率が上がります。排出されにくく、
とりすぎると過剰症になるおそれがあります。
ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKの4種類あります。


<水に溶けるビタミン>

ビタミンB1 → 肉、豆、玄米、チーズ、牛乳、緑黄色野菜
ビタミンB2 → 肉、卵黄、緑黄色野菜
ビタミンB6 → レバー、肉、卵、乳、魚、豆
ビタミンB12 → レバー、肉、魚、チーズ、卵
ビタミンC → 緑黄色野菜、果物
ナイアシン → 魚介類、肉類、海藻類、種実類
パントテン酸 → レバー、卵黄、豆類
葉酸 → レバー、豆類、葉もの野菜、果物
ビオチン → レバー、卵黄


<あぶらに溶けるビタミン>

ビタミンA → レバー、卵、緑黄色野菜
ビタミンD → 肝油、魚、きくらげ、しいたけ
ビタミンE → 胚芽油、大豆、穀類、緑黄色野菜
ビタミンK → 納豆、緑黄色野菜
(育毛に良いといわれているのが太字)


野菜、肉、卵、レバー、魚、油、海藻、豆類、果物と
バランス良い食事が必要なようですが、
特に調べた中では、ピオチンの記載が多かったです。


ピオチンを摂取すると下記の効果が期待できるそうです。

・抜け毛を防ぎ髪が長生きする
・ビオチンが不足すると、薄毛、脱毛、脱漏性湿疹を引き起こす恐れがあります。
・毛母細胞への栄養補給を促し、頭皮の血流を上げる


私も抜け毛がひどい+たまに頭に発疹ができるために飲んでおります。


↓↓ビオチンは写真をカチッとクリック♪




☆今日の育毛改善気分 93点


↓ちょっとは役立ったな~思いましたら、扇風機をクリック♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

藤原薄毛

Author:藤原薄毛
40代サラリーマンです。薄毛、ハゲに悩んで絶望。
でも様々な改善方法を試します!。
肉好きで血液ドロドロ、三日坊主で飽きっぽい、
小学校時代はデブで徒競争はいつもビリだった運動嫌いです。

最新記事
月別アーカイブ
薄毛改善の同志たち(リンク)
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。